壱か零か。~ビッグベイターになるまで~

東北でビッグベイトを投げ散らかし、モンスター捕獲を夢見る漢気ブログ。

オフセットフックを考える。

こんにちは。



今日は私が使用しているオフセットフックを紹介します。





私はオフセットフックにもリューギのフックを使用しています。




ちなみにこのケース、かなりオススメです。



中は



こんな感じ。


ひとケースに、チャック付きの透明小袋が10個。

フックを買った時に入ってるパッケージの中の厚紙を入れて

なんの針か、なんのサイズかがひと目で分かります。


しかもこのケースは黒、シルバー、白の三種類ありまして

色々使い分けるかたはしっかり整理出来てひと目でバッグから取り出せます。


サイズは



これくらい。

かさばらずいいですね。








それでは、





先ずは『リミット』



こちらはナローゲイブのフックでございます。

2/0、3/0、4/0、5/0、6/0を使用。

主にテキサスでのカバー撃ちに使ってます。

6/0はデスアダースティック6.5に使用。

※ちなみにパンチングやウェッピング、ジャングル並のヘビーカバーを撃つ際は『タントラムコントロール』を使用。


1ozウェッピング スタッブクロー

タントラムコントロール3/0使用。




ちなみにこんな超ヘビーカバーにぶちこんでこの魚をあげました。

ここ実は足下はもう水面なんです。


季節が春一番、角度は違いますが同じカバーです。


なかなかコアな釣り方ですが

ドムドライバーFE×DR-100×PE66lb×タントラムコントロールならど真ん中を撃てるんです。





さてリミットの話に戻しまして


最近ワイドゲイブのフックが主流になってきておりますが、

ワームとの一体感もありナローゲイブの方がカバー抜けがいいんですよね。


さらに軸線が短いのでフッキングのレスポンスがとてもよく、アウト気味のフックポイントなので、

ピッチングするような近距離のカバーに対してはスッポ抜けが格段に減りました。


太軸でもあるので16、20lbを巻いたH、XHタックルでのフルパワーフッキングにも耐えうる安心感もありますね。

結構ハードに使ってきて魚との格闘による折れや曲がりはないです。


3/8ozテキサス スパイニークロー4インチ

リミット4/0使用。



デスアダースティック6.5ノーシンカー

リミット6/0使用。


3/8ozテキサス キッカーバグ4.5インチ

リミット3/0使用。




かなり大好きなフックです。



次は

『インフィニ』



5/0、6/0使用。

主にデスアダー、デスアダーシャッドに使用。


ワイドゲイブなのでバルキーなワームでもしっかりとフッキング出来るのがいいですね。


デスアダー6インチ ノーシンカー

インフィニ6/0使用。




デスアダー6インチ ウエイトチューン

インフィニ6/0使用。




しかし若干ズレやすい気がします。

そんな時はdepsのシリコンストッパーで固定します。



次は

『ダブルエッジ』



2/0、3/0、4/0使用。

主にライトテキサス。


こちらもリミットと同じナローゲイブ。

ですがリミットと全く違います。



『細軸』なんです。



あとは


※左リミット4/0、右ダブルエッジ4/0


若干ロングテーパーなんです。




細軸+アウトポイント+ロングテーパー+TCコート 、、、

めちゃんこ刺さる針ということです。


1/16ozライトテキサス マッドボール

ダブルエッジ4/0使用。



ショートバイトが多い春先や冬バス狙いにはきっと武器になるはずです。



次は

『LT オフセット』



1/0、2/0使用。


ダブルエッジではナローゲイブすぎて使用出来ないちょいバルキーワームに使用しております。

ですが最近はあまり使用しておりません。


インフィニ5/0と比べてみると


かなりのロングスロート。

なのであまりズレずに使えるので楽です。




とりあえずリューギのフックは素晴らしいフックです。

是非使ってみてください。




『タリズマン』、『キンクーフック』も使っています。

それは後々。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。